FC2ブログ

PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

明るい光の下で。

なごくみ絵画


久しぶりにプライベートな内容であります。

実は、私の父はもう50年来絵を描いておりまして、風景画や花の絵を得意としております。
勤めていたキリンビールのOB絵画展に、未だに出展をしておりまして3月後半から4月にかけては絵を描くことに集中しているのです(だからコンサートにこないのかぁ

まあそれはさておき、最近のモデルは、なごみとくみになっておりまして、うちの妻と弟の邦君、
そしてナゴクミの4人で14日の月曜初日、日本橋の会場に見にいったのです。

そうしたら、こんな絵でした。

ナゴは、入り口付近にあったこの絵を見た途端「わぁー、あったあったぁー」と叫んでジャンプして嬉しそうにしていて、そのあとなぜかアンパンマンのテーマソングを歌っていたそうです
でも私たち家族は、この日まで完成した絵は見たことがなく、、、

でもわかるんでしょうね。

私の父ですから少し恥ずかしいのですが、とってもとっても感動しました。
子供達が本当に生き生きしていて、父の二人の孫への愛情を心から感じました。

父は妻に、「まぁ、残してあげられるものは、これくらいしかないからなぁ。フォッフォッフォッ」と言っていたそうで、妻はその言葉にはとても感動しておりました。

私は、家に帰ってすぐに父に電話。
「素晴らしすぎる」と、褒めたのですが、「いやいや、それ程でもない」と意外に謙虚でした。
母の後日談では、もっと手を加えたかったとのこと。

なんだかその様子がよくわかりました。
でも太鼓や学校の仕事で、しばらく実家のほうにもご無沙汰で申し訳なかったのですが、あらためて父の凄さに感服したのでした。

今度何か親孝行してあげなくちゃですね。
スポンサーサイト



| 太鼓 | 21:35 | comments:1 | トラックバック(-) | TOP↑

COMMENT

申し訳ありませんが、、、
深沢高校和太鼓部の内容と関係ない内容のものが書き込みされていましたので、申し訳ありませんが削除させて頂きました。ご了承下さい。

                管理人

| 深コャ | 2008/04/18 11:56 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT