FC2ブログ

PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

H22合宿無事終了。

和太鼓合宿が無事終わりました。

怒り雷あり。猛特訓での苦悶の表情あり。笑いあり。涙あり。感動ありの素晴らしい合宿でした。

今年は小宮小学校が改修工事に入ったため、まずいと思い夏休み前に血眼になって練習会場を探しましたところ、奇跡的に五日市会館が取れたので、約40名を越えるメンバーも無事に練習することができました。

せっかく合宿なのに、時間通りにはじめようとしないメンバーにキレまくった私。
そこから基礎打ち地獄が始まったのでした。
もっと応用がやりたかったのですが、あれでは仕方ないと思います。

今年も例外なく本当にハードな合宿だったと思いますよ。
五日市は盆地ですから他のところに比べ、さらに暑いのです。

ランニング、基礎打ちたくさんやりました。
2日目の午後以外は、ほぼ基礎しかやりませんでした。
ポーカーフェイスで、「はい。またやるよ」と言う私を鬼だと思っているメンバーはたくさんいたでしょうね。
手が痛くてあがらなかったり、倒れそうになる者、過呼吸で休んでしまったメンバーもいました。

おまけに光明相模原の緒方先生が考えた5分打ちの合間の筋トレも導入したりしてかなり苦しかったと思います。

でも現役、卒業生ともによくやりましたよ。特に今回は、卒業生にかなり助けられました。
現役と同じ練習を、誰が好き好んで仕事の有休をあててお金まで払ってここまで頑張るでしょうか?

卒業生は、普通あんなにやらないですよ。
でもなぜ来るかと言えば、やっぱり太鼓、仲間が好きなんですよね。
ここで自分たちが育った。自信になって今がある。
それを後輩たちに伝えたい。そういう気持ちがあるのだと思いました。ありがたいです。

おいしいご飯やバーベキュー、ジュースのサービス等々、光明山荘のご主人様、おかみさんはじめ皆様には本当に感謝です。

あと、あたご苑のおじいちゃんおばあちゃん、いつもいつも涙を流して聴いて下さり、またあのあつい握手は、またみんなのエネルギーになります。
今回も、多くの人たちが感動の涙を流していました。
深沢の太鼓は、いったい何を目指しているのかを感じ取ったと思います。

でもやはり、みんなもよく頑張ってくれました。
とにかく打ちっぱなしでしたから、あれはきつい。
あえて厳しいことも言ったけど、合宿だからね。
仕方ないのさ(笑)

昨日から今日にかけて、たくさんのメンバーから感想感謝メールをもらっています。
いつもと少し違うよい傾向かなと感じています。

もちろん3年をはじめ、全体としてもひとつとなっていくために、たくさんの乗り越えなければならない壁もあります。絶対に変に気を遣ったりせず、真正面から逃げずにみんなで考えていって欲しいです。

残りの夏演奏頑張ろう。
スポンサーサイト



| 太鼓 | 18:52 | comments:2 | トラックバック(-) | TOP↑

COMMENT

お疲れ様でした。
合宿お疲れ様でした。
本当にキツい練習でした、しかし今日の演奏は凄く感動し、楽しかったです。ある利用者に握手に行ったらずーっと最後まで自分の手を離してくれませんでした。そして「言葉にできないほど本当に感動した」を何度も言われ、「カレンダーを見ながら指を曲げて日にちを数えてまた来るの待ってるよ」などといろんなことを言って下さいました。本当に心の底から感動しました。
自分は何にもできないし、迷惑な存在かもしれないです。でも、現役や他の卒業生や先生と一緒にいろんな活動できて本当に幸せです。
最後に、自分が云うのは申し訳ないけど、自分の経験から言うと、太鼓の活動で学んだことは、どこに行っても役に立つと思うな。社会にでても…
先生や先輩、同学年、後輩や他のいろんな人、いろんな活動から学んだことは、『一生の宝物』だど思うな。
ここで云う学んだことは技術以外のことね…(笑)。今は理解出来ないこともいつかわかるようになるんじゃないかな? 自分は今でも多くのことを学んでます。

本当にありがとうござました。


あ…今回の合宿で車や差し入れ他いろいろ、いろんな関係者の皆さん本当に本当にありがとうございました。

| 謎の卒業生 | 2010/08/12 20:28 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/08/12 22:12 | | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT