FC2ブログ

PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ねぶたまつりの意義

ねぶたまつりの意義について考えました。

昨日、和太鼓部で熱中症の部員が続出し、校長先生から今回は参加を辞退したら?という話になりましたが、大事な演奏ですから冷静に考えて、しっかり体調のケアをした2年とOBOGのみの参加としました。

3年はもともとなしでしたが、今日はじけたのでまた報告しますね。

16名演奏でアンコールなしでしたが、精一杯頑張りました。
素晴らしい演奏でした。

終了後、多くの方々から感動したとの声を頂きましてありがたかったです。
これからも頑張ります。

ー感謝・合掌ー
スポンサーサイト



| 太鼓 | 00:08 | comments:2 | トラックバック(-) | TOP↑

COMMENT

感動しました
先日のねぶた祭りで初めて演奏を拝見しました。熱中症の皆さんは体調よくなりましたか?やっと少し太鼓を打ちやすい時期になりましたね!
あの暑い日の皆さんの演奏、打ち込んでいて辛いはずなのに、交わす笑顔のアイコンタクト。それによってさらに盛り上がっていく太鼓のリズムとパフォーマンスにぐいぐいと引き込まれてしまいました。気付けば自分も打っているかのように、ソロで打ち込んでいたお兄さんに声をかけており、そして目からは涙が溢れてきました。
そして先生の生徒やOBOGの皆さんにかける温かさ。終演後に感極まって先生に握手までして頂きましたが、『自分が辛い時に誰かが自分を見て頑張れと微笑んでくれるから頑張れるんですね。』と言う先生のお言葉が、私と母の胸に深く染みました。感動の源はこれだ!と思いました。こんな素晴らしい先生のもと、太鼓に打ち込める皆さんは幸せですね!
私も10年前は太鼓打ちでした。先生が仰っていた通り、太鼓は正直で、練習をしないと太鼓が転がったり、バチが折れたりしますよね。厳しく基本に忠実な練習があるからこそ、お互いを思いやり、会場に感動を伝えられる太鼓が打てると改めて思いました。成田感動劇場での太鼓も素晴らしかったのでしょうね!本堂前で打つ感覚、私も出演したことがあるので、わかります。きっと多くの方が感動されたことでしょう。
皆さんの演奏に出会って、また太鼓魂に火がついたようです。本当に感動をありがとうございましたm(__)mぜひまた演奏を拝見したいと思います。深沢高校和太鼓部の顧問の先生、部員の皆様、OBOGの皆様の更なるご発展とご活躍を心よりお祈りしています。長々とごめんなさい。

| たまねぎ | 2010/09/16 07:26 | URL | ≫ EDIT

ありがとうございます。
ありがとうございます。
さすがに太鼓を経験されていただけありますね。

和太鼓の真髄というか、ポイントを完全にわかっていらっしゃると感じました。

あの時の激励はしっかりと覚えています。
感激しました。

成田でさすがに私たちは、本堂というメイン会場ではなく、ANA管轄の高校生チームが集う場所で、毎年土曜日にさせて頂いています。

でもそれもとてもありがたい感動的な場所です。

ここに演奏予定は告知させていただきますから、どうか演奏に来ていただければ幸いです。

10月31日の全国大会予選などはかなり見ものだと思います。

応援どうもありがとうございます。

ー感謝・合掌ー

| 深沢顧問K | 2010/09/17 07:17 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT