FC2ブログ

PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

6月23日ダンス部がダンスドリル関東大会に出場しました!

6月23日ダンス部がダンスドリル関東大会に出場しました!
もう数回参加しているようですが、今回、こちらも注目するくらい集中していて、意気込みが伝わってきました。

深沢を代表する部活動になる!という気合を込めて、頑張ってきたダンス部だと思います。
男女の価値観が違い、言い争いもしたことが昨年ありましたが、それで一つになっていこうとする努力は、顧問の先生も含めてとても大変だったと思います。
そして本年から、男子と女子が別々に分かれてどうなるかと思っていましたが、結果的にはお互いが練習に集中できて良かったのだと感じています。

今も私のクラスには、男子女子それぞれの部長を筆頭に5名のダンス部員がいますが、そこからも今大会にかける気概を感じていました。

金曜日のリハーサルは2回とも観せてもらいましたが、1回目よりも2回目のほうがやはりよく、でもまだまだいけるというものも感じました。

あとは自分との戦いで、当日高いメンタルをどこまで維持してチームでその舞台に臨むか?
それしかないので、当日足を運べない私は、それを祈るのみでした。

沢田先生から連絡があり、結果として全国大会への切符をつかむことはできなかったということでした。

和太鼓部では私も経験はありますが、やはり全国への道はとても厳しいものです。
まわりも本当に練習を積んで、真剣に挑んでくる。
そして連続出場を守ろうともするチームもある。
簡単に果たせるものではないとあらためて感じた私でした。

沢田先生のコメントでは、「みんな凄く落ち込んでいたけれど、賭けてきた思いとともにやりきった感は十分感じられた。」とのこと。

小川先生からは、悔しいけれど意味のないことなんかない。
報われない努力はないんだと励ましました。
みんなが成長したと感じた大会だった。これからも見守ってあげてほしいです。
と、メールを頂きました。

本当に顧問の先生には感謝ですね。
リハーサルごとに撮影したビデオを、PC室で見せてくれたり、どんなことも厳しくも温かく最後まで付き合って下さった顧問の先生方がいらっしゃるからこそこういう大会にも参加できる。

頑張ることができたということを当たり前に受け止めずに、これからの大会や活動に生かしていってほしいです。

チアなどが中心の大会ということで、あの笑顔や指先に至るまでの演技、そして大きな声などまた学ぶことも多かったのではないでしょうか!?

また、全員が本当に最高の完成度を達成できたかということも今後の課題です。
個々に完成度の度合いが違ってしまったら、チームとしてのダンスは成立しません。

ふりが遅れてしまったり、腰が高かったりしたらどうしても目立ってしまう。
最初の起き上がる見せ場で起き上がるのが遅れてしまったら、自分で腹筋をして起き上がる練習をすることだってできる。

そこに重点を置いていくことは今後の課題となるはずです。
私1人くらい、俺1人くらいというのは当然通用しないのですから!

でも私が深沢に来て、平成12年にダンス部が創部してから今のダンス部が一番いいです。
立派な部活動です。

それを崩さないように、これからも一生懸命高い志を持ち続けて頑張ってほしい。

よろしくお願いします。





スポンサーサイト



| 近況 | 12:04 | comments:0 | トラックバック(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT